復縁

ラブラブだったのに急に振られた…考えられる5つの原因と彼とヨリを戻す3つの方法

 

「この間までラブラブだったのに、急にフラれてしまった」

「突然フラれちゃった。フラれた理由が 全然わからない」

「フラれたことに納得できない。 絶対に諦めたくない」

 

大好きだった彼が突然いなくなってしまった。

彼も自分のことを大好きだと思っていた。

だからこそラブラブだった。

ずっとこんな幸せな日々が続くと思ってた。

毎日彼とLINEをして、毎日彼の声を聞いて、毎日「好きだよ」 って言ってくれて…

 

でも、もう彼はいない。

 

ラブラブだったからこそ、 1人ぼっちの今がツライ。

辛くて辛くて、彼にまた連絡を送りそうになる。

でも送ったら嫌われるかもしれない。

 

もう2度と連絡をしてくれなくなるかもしれない…

 

でも1人はやっぱりイヤだ…

 

私も彼と別れた時、あなたとまったく同じような気持ちでした。

ラブラブだったのに突然「別れよう」って言われて、本当に、 死ぬほど辛かった。

 

そして一番頭に浮かんでいたのは「なぜ?」という疑問。

 

「ラブラブだったのに、どうして?」 これが今あなたが一番考えていることではないでしょうか。

 

今回は、そんな私の体験と「行動心理士」として知見から、

「ラブラブだったのに急に振られた原因と対処法」

についてお伝えしていきます。

 

「どうしてラブラブだったのに急にフラれたのか」「急に振ってきた彼と復縁するためには?」 という疑問にピンポイントに答えていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まにべあ
ちなみにわたしはその時の彼と無事に復縁できました。今では幸せな結婚生活を過ごしています。 「急に振られた」からと言って、諦めてはダメ。一緒に復縁の第一歩を踏み出しましょう!

ラブラブだったのに急に振られてしまったのはなぜ?考えられる5つの原因

あなたへの些細な不満が積み重なって爆発した

ラブラブだったのに急に振られた原因として、一番多いのがこれです。

彼氏が「不満を言わずに貯めてしまうタイプ」だと起こりやすいですね。

ましてラブラブ期で「ここはちょっと許せない」なんて言い出しづらい時期なので、彼自身自覚がないまま不満が募るなんてこともあります。

また、一緒にいる時は気にならないことも、一度離れて過ごすと 「そういえば、あん時のアイツの行動、おかしかったよな」みたいに思い出されて、どんどんどんどん「アイツないわ」 みたいな方向に考えてしまう男性もいます。

まにべあ
急に振ってくる男性は愛想のいい人が多いです。愛想のいい人は 不満を溜めるタイプが多いですからね。

付き合う上でどうしても許せないことがあった

けっこう珍しいケースですが、彼にとって「付き合う上でどうしても許せない、生理的にムリ」 なところがあなたにあると、いくらラブラブだったとしても急にフラれる原因になります。

ラブラブだからこそ、最初はその「ムリな部分」も見えなくなりますが、付き合っていくうちにハッキリ見えてきて「もうムリだ」となってしまうようです。

まにべあ
私の旦那も、『元カノで「でしょうね」っていう口癖の人がいて、それが無理で 3ヶ月で別れた」って言ってました。こういう理由だと、復縁は難しいかもしれないですね…

元カノとヨリを戻した

ラブラブだったのに急にフラれる理由で多いのが、「元カノと復縁した」から。

この手の男性は、新しい彼女と付き合った当初から元カノと連絡をとっていることが多いです。

マメな性格なので、新しい彼女とラブラブしながらうまく元カノと連絡を取れるのです。

もし付き合っていた時に彼が元カノの話をよくしていたのなら、この可能性は高いと言えるでしょう。

まにべあ
元カノに未練がある男性は、復縁しづらいのでちょっと厄介。攻め方をじっくり考える必要があります。

1人の時間が欲しくなった

あまりにも長い時間一緒にいてラブラブしすぎていたら、「1人の時間が欲しいから別れる」 という理由で急にフラれるということも考えられます。

というのも、男性は1人の時間を大切にする人が多いからです。

「それなら何も別れなくても…」とも思いますが、結構ゼロイチでしか考えられない男性って多いんですよね。

まにべあ
自由になるなら、 相手に気を使わず徹底的に自由になりたい!」と考えるみたいです。 「こっちの気持ちはまるで無視…でもそういう自由なところも 魅力的だったりするんですよね。

彼氏にとって都合の悪いことが起きた

例えば「浮気をしてしまった」「大きな借金をしてしまった」などですね。

罪悪感や、あなたへの配慮から急な別れを選ぶ男性もいます。

まにべあ
理由は人によって様々です。

”ラブラブだったのに”急に振られたときにやりがち!復縁確率を下げるNG行動3選

「悪いところは直すから」とすがりつく

ハッキリ言うと、すがりつけばすがりつくほど「復縁できる確率」は下がっていきます。

理由はシンプルで、「人は追いかけられると逃げたくなる」性質を持っているから。

実はこのすがりつきたい衝動は「人は追いかけられると逃げたくなる」の逆で、「逃げられると追いかけたくなる」性質が働いており、結局はイタチごっこ。すがっても相手を捕まえることはできません。

ですから、すがりつきたいのをぐっとこらえて、一度冷静になったほうが復縁確率が上がるのです。

まにべあ
そう、復縁はまさに「自分との戦い」なんです。

自暴自棄になってヤケ酒・ドカ食い

人は失恋すると、そのストレスを色々な形で吐き出そうとします。

1人で部屋に閉じこもる、カラオケに行く、友達と思いっきり遊ぶなどは良いですが、暴飲暴食は絶対にだめです。

私も彼にフラれた時に過食症になり、「食べては吐き」を繰り返した時期がありました。

体がボロボロになってしまい、止めるのに相当苦労しました。

過食にならなくとも、暴飲暴食をするとアルコール依存症になったり急激に太ったりするので、失恋を理由に暴飲暴食は避けましょう。

まにべあ
復縁したいと思っているならなおさらです。太ってしまったら元彼に「復縁したい」と 思われなくなっちゃいますからね。

「カラダだけの関係」に応じてしまう

ラブラブだったのに振られてしまうと、自暴自棄になってSNSなどで男漁りをしたり、元彼から「カラダだけの関係」を求められて応じたりしがちですが、これは絶対にアウトです。

一瞬の快楽に身を任せても、幸せにはなれません。後で虚しくなるだけです。

もちろん、「いろいろな男性を見てみる」という目的ならOKですけどね。

特に、元彼とカラダだけの関係になってしまうと、普通の彼氏彼女に戻るのはすごく難しいので、 これだけは絶対に避けるべきです。

まにべあ
「元彼にすがる→カラダだけの関係を遠回しに要求される→セフレになってしまう」っていうカップルは意外と多いのです…

突然別れた彼とヨリを戻すためにやるべき3つのこと。冷却期間中にやるならこれ

冷却期間は「急に振られた場合」 にこそ大事です

「ラブラブだったのに振られた」という状況なら、冷却期間はより効果があります。

なぜなら「離れて初めて大切さに気づく」ということが 起こりやすいから。ずっと一緒にいた分、離れた時の状況がより際立つのです。

一緒にいる時は、いなくなった時のことはわかりません。

「当たり前」だからこそ、いなくなって当たり前じゃなくなった時の 喪失感は半端じゃないんです。

まにべあ
冷却期間を設ければ、あなたが彼を本当に好きなのか、 本当にやり直したいのかがわかります。そういう意味でも冷却期間は大切です。

急に振られた時にやること①:彼の どこを好きだったか冷静に考える

大好きだった彼に急にフラれてしまうと、まるで「彼が世界の全て」であるかのように思いがちです。

しかし、そんな時だからこそ彼の好きなところを振り返ってみましょう。

彼の好きなところを1つずつ振り返ってみると、不思議とどんどん冷静になっていきます。

そして新たな気づきも得られます。 「あれ?実はそこまで彼のこと好きじゃなかったのかも」 なんてクールに考えられるようにもなります。

まにべあ
逆に言うと、これをやっても「彼じゃなきゃダメ」と思えるなら、 その時は本格的に復縁を目指すべきです。

急に振られた時にやること②:自分磨き

失恋して傷ついている時期に「自分磨き」をすると、自信がつき、さらに普通の時よりも効果が高まります。

これは心理学的に「昇華」と呼ばれる現象で、失恋のエネルギーをプラスの活動に変えることでより大きな効果を得られるのです。

まにべあ
たくさん傷ついて、たくさん泣いてスッキリしたら、次は前へ踏み出す時。 本格的なお化粧を勉強したり、自分に似合う服を研究したりダイエットをしたりして自分を高めましょう!新しい自分で元彼にまた出会い直すんです。

急に振られた時にやること③:人に相談する

ラブラブだったのに急にふられた時のショックは1人だとなかなか受け止めきれません。

そこで効果的なのが「まわりの信頼できる人に相談すること」です。

「当たり前じゃん…」と思うかもしれませんが、恋愛相談って意外としづらくて、実はちゃんとしてないことが多いんですよね。

友達とか兄弟とか家族でもOK。 アドバイスをもらうんじゃなく、ただただ話を聞いてもらうんです。これだけでもすごくスッキリします。

まにべあ
ちなみに下記記事では「うまく人に相談して復縁を成就させた体験談」をお伝えしています。

 

 

注目!!
復縁は叶う
彼にフラれて身も心もボロボロになった25歳の私が、たった2ヶ月と4日で「もう一度付き合ってほしい」と彼に再告白された話

続きを見る

 

まとめ

今回は、「ラブラブだったのに急に振られた時の原因と対処法」についてお伝えしました。

一度はラブラブだった2人がもう一度ラブラブに戻ることは難しくないはずです。

しかし、そうなるためにはあなた自身の「努力」が必要になってきます。

「でも、どのように努力すればいいのか、よくわからない…」

確かにそうです。

「復縁までの道筋を誰かが示してくれたら、どんなに楽か…」

このように思っている人は、先ほどご紹介した体験談記事が参考になるかもしれませんね。

 

まにべあ
興味があれば、ぜひ読んでみてくださいね。

 

≫復縁体験談を見る

-復縁

© 2020 恋愛コンパス